なるべく抗うつ剤を使用せずにPMS対策

PMS対策は、漢方を取り入れた命の母ホワイトで!

PMS対策は、漢方を取り入れた命の母ホワイトで!

 

生理前になると、だるさやイライラが毎月襲ってきます。
これって、PMS(月経前症候群)と呼ばれていて、
ドラッグストアでも、お薬が売られているんですよね。

 

よく見るのは、「プレフェミン」とか、「命の母」です。
命の母は、昔からあるように思いますが、
最近、「命の母ホワイト」という商品が出ていて、
更年期の薬という、なにやら重たいイメージから、
ちょっと身近な感じになってきている気がします。

 

働く女性が増え、こうした薬の需要も増えてきたのかも
しれませんね。
体調に左右されない男性と、肩を並べて仕事をするためには、
生理前や、生理中の体調の悪さは、かなりのハンデ
ですよね。

 

最近では、トラックの長距離ドライバーや、交通整理の人にも、
女性が多くなってきたように思います。
もともとあまり感じないという、うらやましい元気な
女性もいますが、PMSの症状や、生理痛のある人は、
なかなかこういう仕事を選べませんよね〜。

 

かといって、生活のために働かなければならない人も
たくさんいます。
症状を少しでも和らげるために、薬を飲むのも
やむをえないことだと思います。

 

命の母ホワイトは、PMSの症状にも効くようにつくられて
いるようです。
鎮痛剤みたいなものかと思っていたのですが、
主な原料は、漢方薬なんですね。
これはちょっと意外でした。

 

PMSや、生理痛などは、ホルモンの乱れからくるので、
ホルモン剤かというとそうでもなく、もう少し、からだにやさしい
根本治療を志しているようです。

 

PMSや生理痛などの症状は、女性の気、水、血の3つの
流れが悪くなって起きているのだそうです。
だから、血の巡りが良くなる生薬が6種類ほど配合されています。
貧血や頭痛、冷え性、腰痛などに効果があるそうです。

 

気の流れが悪くなると、めまいや耳鳴りが起きるそうです。
耳鳴りは私も経験がありますが、これに効く漢方があるんですね。
桂皮や、人参が使われているんですよ。

 

水の流れが悪いと、むくんだり、全身のだるさがあらわれます。
これを改善するための生薬も、3種類ほど入っています。
これって、いいですよね?
これだけのたくさんの漢方を処方してもらうのって、
時間とお金がかかりそうだし、自然由来と聞くと、なんだか
安心ですよね!